裏表のない人間になりたい

滅多に声を出して笑わない人だった。

笑い声が聞けたとき、自分がすごいことを成し遂げたように思えた。

幸せだった。

これからも当然自分は幸せなんだろうと思っていた。

でも本当は、心の隅に浮ついた気持ちを持ってた。長い間そうだった。心をじっくり見ないようにしようとわたしは努めた。

表と裏があったっていいと思っていた。人間なんてそんなもんでしょう。

でもちがうみたいだ。わたしはそうでも、周りは、世界はそうじゃない。一途で誠実で自分の持ち場に専念する人間が、やはり美しいのだ。

ある瞬間に、裏の心が、わたしの鉄壁のお面を破って、しゃしゃり出てきた。

表と裏があったこと、裏がもはや裏ではなくなってしまったこと、全てを謝ってゼロにして一人になりたい。都合がいいんだろうか。

人の笑顔を汚してしまった。